アジアカップ2005コンプロミー翻訳

International Law Moot Court Competition (Asia Cup 2005)
Case concerning treatments of a family related to a terrorist
Azaran v. Rowby

国際法模擬裁判大会(アジアカップ2005)
テロリストの家族の扱いに関する問題 ※
アザラン国対ロービー国

1. Azaran, Dumas, Rowby and Toki are all member states of the United Nations. They are parties to the Geneva Conventions of August 12, 1949, and International Covenants on Economic Social and Cultural Rights and on Civil and Political Rights. Rowby, Dumas and Toki are parties to the two Protocols Additional to the Geneva Conventions.

1. アザラン国(Azaran)、デュマス国(Dumas)、ロービー国(Rowby)、トキ国(Toki)は、すべて国連加盟国である。また、ジュネーブ諸条約(1949年8月12日)、経済的・社会的及び文化的権利に関する国際規約(社会権規約)の締約国である。ロービー国、デュマス国、トキ国はジュネーブ諸条約に対する2つの追加議定書の締約国である。

2. An international terrorist group called Pashita has a base of its operation in the territory of Dumas. Its main target of attack is Azaran. There were two terrorist incidents in Azaran in 2003, which were believed to be the act of Pashita. The Government of Azaran Government requested the Government of Dumas Government  to extradite to Azaran transfer the Pashita members who had been arrested in theits territory of Dumasto Azaran. Dumas declined the request and, instead, admitted permitted Azaran’s armed forces to the territory of its army on Dumas territory to capture the suspectsthem in their camp of Pashita. In May 2004, the Azaran Marine Corps assaulted the camp of Pashita in Dumas and killed six and captured ten persons inafter a shooting battle. More than ten persons were believedsupposed to have flede from the camp atduring the attack. IOn the side of the Marine Corps, one soldier died and three were injured in the battle.

2. パシタ(Pashita)と呼ばれる国際テロリスト集団は、デュマス国領域内での活動をベースとしている。メインの攻撃対象はアザラン国である。2003年アザラン国では、パシタの活動によるものとされる2つのテロ事件が起こった。アザラン国政府はデュマス国政府に、デュマス国領域内で拘束されているパシタメンバーをアザラン国に引き渡すように要請した。デュマス国はその要請を断り、代わりにアザラン国軍隊がパシタキャンプ内の容疑者を逮捕することを許した。2004年5月、アザラン海軍はデュマス国のパシタキャンプを襲撃し、銃撃戦の結果6人を殺害し、10人を逮捕した。10人以上が襲撃の間にキャンプから逃げたとされる。一方海軍では、1人の軍人が死亡し、3人が負傷した。

3. The captured Pashita members were taken to Azaran and put into a prison. Four of them were nationals of Dumas and the rest were nationals of Toki, a neighboring country neighboring toof Dumas. Toki and Dumas are in common with race and religion, but while different from Azaran in race, culture and religion. The Government of Azaran stated that the captured Pashita members would be punished for terrorist operations within and without without Azaran, according to international law and the Criminal Law of Azaran.

3. 逮捕されたパシタメンバーは、アザラン国に連行され、収容所に入れられた。そのうち4人はデュマス国の国籍で、残りは隣国トキ国の国籍であった。トキ国とデュマス国は人種・宗教は共通しており、一方アザラン国とは人種・文化・宗教が異なる。アザラン国政府は、逮捕したパシタメンバーを国際法及びアザラン国刑法に従い、アザラン国内外のテロリスト活動に対する処罰を行うであろうことを発表した。

4. There was a national of Toki named Taraton among the captured atin the attack. Azaran Security Authority considered that he was a leading member of Pashita, whose sphere of activities was borderless.

4. 襲撃で逮捕された中に、タラトン(Taraton)という名のトキ国籍者がいた。アザラン国防衛権限者は、彼が国境をまたがる活動範囲をもつパシタのリーダーであると考えている。

5. Taraton has three children. The eldest one is a daughter aged twenty-six at the time of his imprisonment, whose real mother is Taraton’s former wife. The daughter had was served as a secretary toof Taraton, when they had lived in Toki. The other children are a son aged six and a daughter aged three who are real children of Mrs. Taraton, the current wife. Taraton, Mrs. Taraton and the two children between themThey had lived in a house in the capital of Toki, till they immigrated to Rowby in March 2003. They explained that the reason for immigration was that Mrs. Taraton’s mother, a national of Rowby whose husband died several months beforeago, wishedwanted to live together with them.

5. タラトンは3人の子供がいる。一人は、彼が収容所にいるとき26歳になる娘であった。その子は、タラトンと以前の妻との間の子である。彼らがトキ国に住んでいたとき、娘はタラトンの秘書として仕えていた。他には、現在の妻との間に、6歳になる息子と3歳になる娘がいる。タラトン夫妻と二人の子どもは、2003年3月にロービー国に移住するまで、トキ国の首都に住んでいた。彼らは、移住の理由をタラトン夫人の母(数ヶ月前になくなった旦那がロービー国籍である)が一緒に住むことを望んだためと説明していた。

6. The Taratons werefamily was permitted to immigrate into Rowby, becausefor Mrs.Taraton had beenwas a national of Rowby before her marriage. They lived in a house in the capital of Rowby, which Mrs. Taraton’s mother bought by selling her former residence. to which Mrs. Taratons mother moved from her former residence. Two months after the immigration, Taraton left Rowby for Dumas. One year after that, the name of Taraton was found in the list of the Pashita members captured inat the attack on the camp in Dumas.

6. タラトン婦人が結婚前にロービー国籍であったことから、タラトン一家はロービー国への移住が許された。彼らは、タラトン婦人の母が以前の住まいを売ることによって購入したロービー国首都の家に住んでいた。移民の2ヵ月後、タラトンはデュマス国に向けロービー国を出国した。その1年後、タラトンはデュマス国のキャンプ襲撃で逮捕されたパシタメンバーのリストに名を連ねていた。

7. A brother of Mrs. Taraton’s, who is working in a company in Toki, is married with a daughter of Enjee. Enjee is a national of Toki, and the chief executive officer of the company where Mrs. Taraton’s brother is working. It has been proven is also found that the brother of Mrs. Taraton’s brother often visits the Taraton family.

7. トキ国の会社で働いているタラトン婦人の兄弟は、エンジー(Enjee)の娘と結婚している。エンジーはトキ国の国籍を保持し、タラトン婦人の兄弟が働く会社のCEO(最高執行責任者)である。タラトン婦人の兄弟がしばしばタラトン一家を訪れていることが判明している。

8. All such information was acquired throughby examination of the imprisoned Pashita members. Analyzing the information, Azaran came to the conclusion that Enjee was a patron of Pashita. According to Azaran, it is beyond doubt that Taraton family make living on a remittance by Enjee.  it is beyond doubt that Taraton family live in the house bought by Enjee, and make living on a remittance by Enjee. It is certainconvincing that Mrs. Taraton’s brother visits the Taraton family to conveydeliver messages offrom Enjee, who is his father-in- law as well as his employer.

8. 逮捕されたパシタメンバーの尋問を通じて、そのような情報が入手された。情報を分析し、アザラン国は、エンジーがパシタの支援者であるという結論に達した。アザラン国によると、タラトン一家はエンジーによる送金で生計を立てていることは、間違いないという。タラトン婦人の兄弟が、義父であり雇用者であるエンジーからのメッセージを伝えるために、タラトン一家を訪れていることは確かである。

9. Azaran has legislationsenactments to implement the International Convention for the Suppression of the Financing of Terrorism, which came into effect effected in 2002, and a series of UN Security Council resolutions adopted by the Security Council of the United Nations in relation to anti-terrorism including resolutions 1267, 1333, 1373, 1390 and 1455. Based Oon the information acquired throughby examination of the prisoners, the authorities of Azaran authorities froze the assets of Enjee in Azaran in August 2004 on the ground that he wasfor providing material and financial support to Pashita.

9. アザラン国は、2002年に発効したテロ資金供与防止条約、反テロリズムに関する国連安保理決議(決議12671333137313901455を含む)を履行するための立法がある。収監者の尋問から入手した情報をもとに、エンジーがパシタに物質的・財政的支援をしているという理由で、アザラン国の権威者達は 2004年8月にアザラン国内のエンジーの財産を凍結した。

10. In September 2004, the Government of Azaran demandedclaimed  that the Government of Rowby freezethat the assets of Enjee and the Taraton family located in its territory should be frozen,  and that Mrs. Taraton’s brother should not be permitted to enter into its territory. In relation to this claim, the Government of Azaran pointed out the fact that the living standard of the Taraton family is higher than that of the averaged family in most countries including Azaran and Rowby. It also called Rowby’s attention to the fact that a number of people are suffering from physical and economic difficulties caused by operations of Pashita.

10. 2004年9月、アザラン国政府は、ロービー国政府が領域内のエンジー及びタラトン一家の財産を凍結することと、タラトン婦人の兄弟の領域内への入国を許可しないことを要請した。この要請に関連して、アザラン政府はタラトン一家の生活水準がアザラン国及びロービー国を含む多くの国の平均以上であるという事実を指摘した。また、多くの人々がパシタの活動に起因して、物理的・経済的困難に苦しんでいるという事実に、ロービー国が留意しているとも言われている。

11. Rowby is a country having no close relations with any of Dumas, Toki and Azaran. There is no sign that Rowby is a target of Pashita activities. It is a party to the International Convention for the Suppression of the Financing of Terrorism. It has no special legislationenactment on anti-terrorism, but has a law to implement the United Nations Charter called Tthe UN Law. It has a practice of economic sanctions based on the United Nations resolutions, by putting Tthe UN Law into execution.

11. ロービー国はデュマス国、トキ国、アザラン国のいずれの国とも親密な関係にはない。ロービー国がパシタの活動の対象であるという兆候もない。ロービー国はテロ資金供与防止条約の締約国である。反テロリズムに関する特別法はないが、国連憲章を履行する立法はある。国連憲章に従い、国連決議をもとにした経済制裁の実践はある。

12. The Government of Rowby replied to the Azaran’s claim as follows:

“Enjee’s assets in our territory will be frozen in accordance with the UN resolutions, if the authoritative organ of the United Nations recognizes his patronage for terrorists. Only Azaran recognizes Enjee’s patronage for terrorists up to the presentas far as the evidence of his patronage for terrorists is certain. However, the assets of the Taraton family cannot be frozen in any case, from the viewpoint of theirin the interest of human rights. Assuming that Taraton himself is “a terrorist,” his family should be protected, in accordance with the International Covenants on Human Rights. They prescribeprovide that the family is the natural and fundamental group unit of society, and should be accorded the widest possible protection and assistance by society and the State. It will be the case that the fund is excepted from being frozen on the ground of humanitarian need in the light of the relevant human rights instruments, even though the authoritative organ of the United Nations recognizes Enjee’s patronage.

12. ロービー国政府はアザラン国の要請に対して次のように返答した。
「国連の権限ある機関によりテロリストに対するエンジーの支援が認められれば、領域内のエンジーの財産は国連決議に基づき凍結されるだろう。現在まで、テロリストに対するエンジーの支援を認定しているのはアザラン国だけである。しかし、タラトン一家の財産は、人道的観点から、いかなる場合にも凍結されない。タラトン自身がテロリストであると推定されても、彼の家族は国際人権規約に基づき保護される。国際人権規約は家族が社会の基本的集団構成単位であり、社会及び国家により広く可能な限り保護と援助を与えられることを規定している。人権規約に関連のある見識における人道的要請に従い、財産の凍結はのがれる事例である。たとえ、国連の権限ある機関がエンジーの支援を認めたとしてもである。

13. Another claim cannot also bbe accepted, either. Mrs.Taraton, her mother and her brother are nationals of Rowby. No statenation is entitled competent to direct other states concerning their immigration policy about their own nationals, in particular, their right tohow foreign nationals live in their home country and weather they are permitted to return home to see their parents and the other family members.”

13. 他方の要請については、受け入れることは出来ない。タラトン婦人、婦人の母、婦人の兄弟はロービー国籍である。自国民に対する移民政策に関して、他国が指示することはできない。特に自国に居住する権利、親や親族に会うために自国に戻る権利については。」

14. Based Oon the provisionscondition of Tthe Prison Law, the prisoners in Azaran are allowed to send a letter once a month to their family. AccordinglyOn the same condition, the captured Pashita members were allowed to might write letters to their families, in theirusing  each native languages, though the Security Authority censored all of them.

14. 囚人法の規定に基づき、アザラン国の囚人は月に一回家族に手紙を送ることを許される。規定に従い、逮捕されたパシタメンバーは家族への母国語で手紙を書くことを許された。防衛権限者による検閲はあるが。

15. In October 2004, a bomb exploded in front of the Embassy of Azaran in Dumas, which killed two guards men of the embassy and injured three passersbyengers. The Governments of Dumas and Azaran had the view in common that the explosion was an act of Pashita whichwho  survived the attack on their camp.

15. 2004年10月、デュマス国のアザラン大使館の入り口で爆弾が爆発し、2人の大使館警備員が死亡し、3人の通行人が負傷した。デュマス国とアザラン国の政府は、爆発がキャンプの襲撃で生き残ったパシタの活動であったとの共通の見解を持った。

16. In November 2004, Azaran repeated the claim of September but it was rejected again. In December 2004, a humanitarian organization reported that the prison Security Aauthority in Azaran prohibited all the Pashita members fromto  corresponding with outside. It was also reported that any letters and parcels sent to them were kept in the hands of the prison Security Aauthority, and not delivered to the addressees.

16. 2004年11月、アザラン国は9月に拒否された要求を繰り返した。2004年12月、人道機関はアザラン国防衛権限者がすべてのパシタメンバーに対して、外との通信を禁止したと報告した。また、彼らに対して送られたすべての手紙及び小包は防衛権限者の手元にあり、受取人に届けられていないとも報告した。

17. After the report was made publicshed, the Government of Rowby protested that the prohibition violated international humanitarian law in treating prisoners of war, in particularamong others, in depriving thedisallowing persons captured atin the attack of the right to correspond with their familiesy.

17. その報告が公になった後、ロービー政府は、その禁止が捕虜の扱いに関する国際人道法を侵害していると申し立てた。特に、襲撃で逮捕された人々から、家族との通信の権利を奪うことについて。

18. The Government of Azaran replied to the protest as follows:

“We have the proof that the explosion at the Embassy of Azaran Embassy in Dumas waswere perpetrated under the instruction of Taraton. The perpetrators obtainedy found the instruction in the secret languages of his letters addressed to his family, which were then transmitted to the perpetrators conveyed by Mrs. Taraton’s brother. We believe that the interruption of the prisoners’ correspondence is necessary for suppressingon of terrorism. We also have great difficulty into securingfind sufficient translators to check their letters and parcels. The prohibition would end, when the Taraton family ceased to contact with overseas Pashita members through theira relative to his family. We strongly request claim that Rowby should be sincere to obey follow their obligations under the relevant international conventions and UN resolutions of the United Nations relating to concerning anti-terrorism.”

18. アザラン政府は申し立てに対して、次のように返答した。
「我々には、デュマスのアザラン大使館における爆発が、タラトンの指示に基づき行われた証拠がある。家族に向けられた手紙に暗号で指示がおこなわれ、タラトン婦人の兄弟から実行犯に伝えられた。我々は囚人の通信を遮断することはテロリズム防止のために必要であると考える。また、彼らの手紙及び小包をチェックするために、防衛上十分な翻訳を行うことも困難である。タラトン一家が彼らの親族を通して海外のパシタメンバーに接触することをやめた場合に、通信の禁止は解除される。我々は、ロービー国が反テロリズムに関する国際条約及び国連決議上の義務を履行するように強く求める。」

19. The Government of Rowby replied that it did not violated anyneither international conventions nor UN resolutions of the United Nations, and objectedrefuted that it was Azaran that violated the international obligations, among others, obligations under to international human rights and international humanitarian law.

19. ロービー政府は、いかなる国際条約または国連決議も侵害していないと返答し、国際人権規約及び人道法上の国際的義務を侵害しているのはアザラン国であると抗議した。

20. The Government of Azaran warned that the assets of Rowby in Azaran might be frozen, unless Rowby would changes its attitudes toward terrorists. The Government of Rowby responded that the assets of Azaran in Rowby would be frozen in retaliation, if the assets of Rowby in Azaran were frozen.

20. アザラン政府は、ロービー国がテロリストに対する態度を変更するまで、アザラン国内のロービー国財産を凍結するだろうことを警告した。ロービー国政府は、アザラン国内のロービー国財産を凍結した場合、ロービー国内のアザラン国財産を凍結するだろうことを返答した。

21. The Government of Rowby went on to warned Azaran that continuingendured  prohibition of correspondence between Taraton and his family, a part of which was constituted of its nationals, would cause a counter measure against Azaranby the Government.

21. ロービー国政府は、タラトンと家族(ロービー国籍を構成する)の間の通信を禁止しつづけることが、アザラン国に対する対抗措置に起因するものであることを警告し続けた。

22. Azaran submitted the dispute with Rowby about the treatment of Pashita members to the International Court of Justice (ICJ), in accordance with paragraph 2, article 36 of the Statute of the International Court of Justice.        

22. アザラン国は、ICJ規程第36条2項に基づき、パシタメンバーの扱いに関するロービー国との紛争をICJに付託した。

23. Applicant, Azaran, requested that the ICJ adjudge and declare as follows:

1. “Rowby has an obligation to freeze the assets of the Taraton family and prevent a person related to the family from entering its territory, in the light of the relevant international law and UN resolutions of the United Nations relating to concerning anti-terrorism.”

2 “Azaran does not violate international humanitarian law, in treating the persons captured at the Pashita camp in Dumas. ”

23. 原告アザラン国は、ICJが次の判決及び宣言することを要請する。
1.「ロービー国は、反テロリズムに関する国際法及び国連決議の規定に従い、タラトン一家の財産を凍結、及びタラトン一家の親族の領域内への入国を防止する義務を有する。」
2.「アザラン国は、デュマス国のパシタキャンプで逮捕した人の扱いに関し、国際人道法を侵害していない。」

24. Defendant, Rowby, requested that the ICJ adjudge and declare as follows:

. 1. “Rowby has no obligation to freeze the assets of the Taraton family and prevent a person related to the family from entering its territory, in the light of the relevant international law and UN resolutions of the United Nations relating to concerning anti-terrorism.”

2 “Azaran violates international humanitarian law, in treating the persons captured at the Pashita camp in Dumas. ”

24. 被告ロービー国は、ICJが次の判決及び宣言することを要請する。
1.「ロービー国は、反テロリズムに関する国際法及び国連決議の規定に従い、タラトン一家の財産を凍結、及びタラトン一家の親族の領域内への入国を防止する義務はない。」
2.「アザラン国は、デュマス国のパシタキャンプで逮捕した人の扱いに関し、国際人道法を侵害している。」

※This case is not intended to be a description of any actual situation. The copyright for the case belongs to the organizer of the International Law Moot Court Competition (Asia Cup 2005). 

※この事例は、現実のいかなる状況を描写したものでもない。このケースに関する著作権は、国際法摸微裁判大会(アジアカップ2005)の主催者に帰属する。


解説コンプロミー

1.締約立法一覧

  アザラン国 ロービー国 デュマス国 トキ国
国連
ジュネーブ諸条約
ジュネーブ諸条約に対する2つの追加議定書 ×
社会権規約

テロ資金供与防止条約

○(暗黙表現)    
         
テロ資金供与防止条約、
反テロリズムに関する国連安保理決議
履行のための特別立法
×    
国連決議を履行するための一般法      
         

2.4国間の関係

  ロービー国 デュマス国 トキ国
アザラン国 親密な関係にはない デュマス国領域内で活動するパシタと呼ばれる国際テロリスト集団により、アザラン国は攻撃対象とされている。 人種・文化・宗教が異なる

  アザラン国 デュマス国 トキ国
ロービー国 親密な関係にはない 親密な関係にはない 親密な関係にはない

  アザラン国 ロービー国 トキ国
デュマス国 デュマス国領域内で活動するパシタと呼ばれる国際テロリスト集団が、アザラン国を攻撃対象としている。 親密な関係にはない 人種・宗教は共通

  アザラン国 ロービー国 デュマス国
トキ国 人種・文化・宗教が異なる 親密な関係にはない 人種・宗教は共通

3.簡易年表

2003年 アザラン国にて、パシタの活動によるものとされる2つのテロ事件が起こる。
2003年3月 タラトン夫妻と二人の子どもは、トキ国からロービー国に移住。
2003年5月 タラトンは、ロービー国からデュマス国に出国。
2004年5月 アザラン海軍はデュマス国の許可の元、パシタキャンプを襲撃し、銃撃戦の結果6人を殺害し、10人を逮捕した(タラトンの名前あり)。
2004年8月 アザラン国の権威者達は アザラン国内のエンジーの財産を凍結。
2004年10月 デュマス国のアザラン大使館の入り口で爆弾が爆発し、2人の大使館警備員が死亡し、3人の通行人が負傷した。
2004年12月 人道機関はアザラン国防衛権限者がすべてのパシタメンバーに対して、外との通信を禁止したと報告した。
  アザラン国は、ICJ規程第36条2項に基づき、パシタメンバーの扱いに関するロービー国との紛争をICJに付託した。

4.登場人物

タラトン 客観的事実 トキ国籍者。
  (アザラン国の視点) 彼が国境をまたがる活動範囲をもつパシタのリーダーである。
デュマスのアザラン大使館における爆発が、タラトンの指示に基づき行われた。
タラトン一家 客観的事実
タラトン、タラトン婦人、二人の間の子が二人。
  (アザラン国の視点) エンジーによる送金で生計を立てている。
タラトン一家が彼らの親族を通して海外のパシタメンバーに接触している。
タラトン婦人 客観的事実 結婚前にロービー国籍であった。
タラトン婦人の母 客観的事実 数ヶ月前になくなった旦那がロービー国籍である。
タラトン婦人の兄弟 客観的事実 エンジー(Enjee)の娘と結婚している。
義父であり雇用者であるエンジーからのメッセージを伝えるために、タラトン一家を訪れている。
エンジー 客観的事実 トキ国の国籍を保持し、タラトン婦人の兄弟が働く会社のCEO(最高執行責任者)である。
  (アザラン国の視点) パシタの支援者である。
     
     

(アザラン国の視点)については、ロービー国は事実認定を行っていない。

5.主要論点

「テロリズム防止」と「人権制限」の均衡性の争い。

アザラン国の立場・・・テロリズム防止のための人権制限に積極的。
ロービー国の立場・・・「テロリズム防止のためでも、人権制限のためには一定の要件を満たさなければならない」とする人権重視派。

 

国際人道法

条文解釈論の争い・・・捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約(第三条約)(1949)
慣習法化の範囲の争い・・・国際武力紛争の犠牲者の保護に関し、一九四九年八月一二日のジュネーブ諸条約に追加される議定書〈第一議定書〉(1977)

人権法

条文解釈論の争い・・・経済的・社会的及び文化的権利に関する国際規約

テロリズム防止法

条文解釈論の争い・・・テロ資金供与防止条約
安保理決議の強制力・解釈の争い・・・安保理決議の履行の仕組み

※その他、公文書、判例、学説での立証。事実認定の争いとなる。

 


※原文個所の青色、赤色に翻訳者にとって、特段の意味はない。
※赤色/取消線の個所については、問題文Wordファイルに削除済みのものとして記録されたいたにすぎない。原文には存在しないものであり、無視すべし。
※パラグラフNoは、オリジナルコンプロミーには存在しない。便宜上付記したものである。
※当翻訳は、管理人の個人的興味により行われたものであり、主催組織とのかかわりは一切ない。
※当翻訳が、模擬裁判大会参加者の助けとなれば幸いであるが、誤植・誤訳・その他誤りに関する一切の責任を負わない。
※翻訳者/管理人は、当問題文に係る模擬裁判大会への参加資格を有しない。


今日: 昨日:
since 2008.09.13

history of update
ver.1.10 2005.05.22 解説コンプロミーを追記。
ver.1.03 2005.05.22 パラ2の西暦2005⇒2004に修正、パラ5の(immigration−国籍変更を含む意)が矛盾するため削除、安保理決議のリンク追加。
ver.1.00 2005.05.18 opened to the public.